キッチンスプーン

2017年12月17日 18:02

直瀬はこの冬3回目の雪でした。
山はぐうぐう眠っています。
静寂に身をひたし、静寂に耳をすます、冬。
わたしの家族はみんなお風呂が大好きです。
入浴剤は身近にあるもので。
木綿のちいさいふくろに、いろいろなものを詰めていきます。
毎日精米するときに出る米ぬか。
いただきもののゆずの実。
かりかりに天日干しした大根葉。
塩と酒。
今日は、乳白色のとろんとしたお湯になりました。
まあ
どれかは効いてるはず。


2017年12月15日 17:55

冬菊の まとふはおのが ひかりのみ 水原秋櫻子
頼っていいんだよ。
さあ。
両手をひろげてほほえむひとを前にすると、いつもふたつのことを思います。
まず
このひとにはもうけして甘えられない、ということ。
そして
この一瞬の真実を抱きしめて生きていこう、ということ。
だれかの胸のなかに、わたしの居場所があるとは
どうしても思えないのです。
何も聞こえなかった顔で、立ち去ってしまう。
いつも。

2017年12月11日 16:18

ある日。
友が杖をついてやってきました。
あ。
やあ、もうね。
次に会ったとき。
んー。
これは。と思いました。
その翌日。
呉の整体師、木村さんが松山に来ていると知り、連れて行きました。
約1時間半。
みるみるうちに動きはじめるからだ。
よろこびにあふれる友の目が、つよくひかりはじめた瞬間。
胸に迫るものがありました。


2017年12月 7日 08:16

料理のつぎに好きなのがそうじです。
とくに、なにかを磨くのが好きです。
晴れた冬の日。
店は薪ストーブであたたかです。
窓ガラスを、かたくしぼったふきんで磨きます。
木の床を、はっか油をしみこませたぞうきんで磨きます。
木のつくえを、手のひらをつかってオイルで磨きます。
革のいすを、かわいた布にぬったクリームで磨きます。
からだがぽかぽかしてきます。
薪をすこし割ってから、斧を布で磨いて、おしまい。
ああいい気分。
最後に、真っ黒になった手を石けんでごしごしごし。


2017年12月 6日 12:30

食べることへの意識ががらりと変わりました。
でもまあ、あいかわらず食いしんぼうです。
が。
量が減りました。
同じく、睡眠も。
なんだなんだどうしたんだ。
羽でも生えたかのように、生理的な欲求から一気に自由になりつつあります。
きっかけは、ヨガ。
続けることで、自分のからだに興味がわいてきました。
ようやく。
変化をたのしむ、冬。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8