キッチンスプーン

『2014年2月』のアーカイブス
2014年2月28日 08:16

久万高原町で林業を営む知人のガレージにお邪魔してきました。

重たい木の扉をゆっくりとひきます。

古い鉄の骨組みに、新しい木と工夫をたくさんたして作った、たくましい空間でした。

やがて明るい未来が、ここから始まる。

そんな気配に満ちた場所でした。

 

ガレージに集まった大学生のみなさんのお食事をご用意。

 

・kitchen sppon のスパイシー・ベジタブルカレー

・サラダ7種類

  ゆで黒豆  ホウレンソウソテー  蒸しにんじん  たまごサラダ 

  土ごぼうと菊芋の素揚げ  マッシュポテト  バターチキンサラダ

・クラッシック・ミートボール

・とうもろこしとチョコレートのクッキー

・山のお茶

 

たくさんおかわりしてもらえて、うれしかったです。

 

カテゴリ:ケータリング
2014年2月24日 08:21

 ・ストーブで煮こんだ白菜のシチュウ

・久万高原町2月の温野菜サラダ  炒り大豆、レモン、玉ねぎの自家製ドレッシング

・ふきのとう、むかご、菊芋のフリット

・ローストチキン木こり風ソース

・山のお米のチーズリゾット

・手作りいちごケーキ

 

仕立てのいいスーツをくったりと着こなし、西洋のうつくしい車がよく似合う常連の男性。

お好みは、摘み草料理。

凍った畦道をふきのとうを探して歩く 2月。

 

 

 

 

カテゴリ:旬のメニュー
2014年2月20日 08:20

地元の若い農家さんたちから、ジビエ料理の会のリクエストをいただきました。

ジビエとは、フランス語で狩猟鳥獣のこと。

今回のご希望は marucassin (マルカッサン) イノシシです。

 

フランスの田舎のレストランで住み込みで働いていた10代のころ、

シェフが森でしとめてきた野生動物をさばくのがわたしのしごとでした。

野に生きる命を奪うのですから、ひとかけらの肉も大切に使い切って

無我夢中でやってみようと思います。

 

里山らしい野趣を強く感じられるごちそうを。

 

カテゴリ:お店について
2014年2月14日 10:48

 

今朝の雪は見事な美しさでした。

薪ストーブの上に置いたやかんから、まっしろな湯気がほかほかと立ち上っています。

今日は黒豆のチョコレートクッキーを焼きました。

材料は久万高原町産の米粉、トウモロコシの粉、黒豆

たいはくごま油、きび砂糖、有機豆乳、ココア、バニラビーンズ。

すこし大きめの手のひらクッキーです。

 

どうぞゆっくり召し上がってください。

ひとくちごとにおだやかな甘みが増していきます。

やがて心が満たされるゆるやかさで。

ちょっと愛に似ていますね。

 

みなさま、すてきなバレンタインをお過ごしください。

 

カテゴリ:旬のメニュー