キッチンスプーン

『2014年3月』のアーカイブス
2014年3月24日 17:24

かつて、菜食ですごした時期がありました。

半年間。

まったく突然に、野菜と穀物しか食べられなくなりました。 

朝ごはんの玉子焼きや塩鮭。 ピクニックのハムサンドやうすあまいカフェオレ。

新鮮なおさしみ。 香ばしい焼き鳥。 休日のグラタン。

なにもかも、いっぺんにぱったりと手が伸びなくなりました。

わたしの変化はわたしが受け入れるとして。

キッチンで肉を切ろうとするたびにいちいち手が止まり

肉料理の味見はひとかけらもできなくなったのは、心底おどろきました。

固く目を閉じ、ええいとスプーンを口に運ぼうとすると

ふっとからだがふらつきます。

何度やっても同じでした。

 

  食べられなくなった。

 

とてもほんとうとは思えない。

わたしは呆然としてスプーンを置きました。

まるで、はなれていく浮き輪をぽかんと見送っているような気分でした。

 

ありったけの野菜をこっぱみじんにして炒めに炒め、ベジタブル・カレーに。

炒り大豆、レモン、ローストした玉ねぎとマスタードでドレッシングを。

久万高原町産の地粉と自然塩、太白ごま油のパン。

おからにアーリオ・オーリオソースときざんだピクルスを合わせ、

強めの塩とハーブでチーズの味をねらって。

有機豆乳ではじめてつくる、ホワイトソース。

きび砂糖のジェラート。 ラベンダー・ゼリー。 穀物クッキー。

 

半年後。

はじまったときと同じように、理由はまったく分からないまま

また少しずついろんなものを食べられるようになりました。

 

 

カテゴリ:お店について
2014年3月13日 08:14

田村ファーム&フォレスト  りゅうごさん

 

りゅうごさんは、久万高原町でともに働く同世代の農家さんです。

kitchen spoon で使う粉のすべてとお米の一部を作ってくれています。

 

しっとりきめの細かい地粉は、手打ちパスタや白パンに。

ざっくりと香ばしい全粒粉は、食事パンやピッツアに。

甘みのある米粉は、ホワイトソースや焼き菓子に。

山のお米は、毎朝好みの加減に精米して、リゾットやグラタンに使います。

 

りゅうごさんは、こんがりトースト色の肌と、おだやかな低い声の持ち主です。

初夏のころ、緑のあぜ道でひとり作業をする姿をみかけました。

強い日差しの下、長身の体を折り曲げて地面に這いつくばり、何やら一心に手を動かしています。

あんまり一生懸命に働いているものだから、なかなか声がかけられませんでした。

 

お米と粉のことなら、「なーんちゃ!」の一言でいつも快く引き受けてくれる

こころ強い友人、りゅうごさん。

いつもありがとう。

 

好物 コーヒーとタバコ

嫌いなもの 波風

「なーんちゃ!」=久万の言葉。「おやすいごよう」の意。

 

 

 

 

2014年3月 4日 08:10

 いつもkitchen spoon をご利用いただきましてありがとうございます。

3月の臨時休業日をお知らせいたします。

 

28日金曜日  29日土曜日

 

沖縄の離島で食堂をはじめる友人のお手伝いに行ってきます。

ご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、

ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリ:お知らせ
2014年3月 2日 19:55

若いぶどう農家の男性おふたりがご来店されました。

くつろいだ表情で、それぞれの思いをしずかに語り合っておられました。

師匠と弟子の関係なのだそうです。

今夜はゆっくり。

お酒に合うおいしい小鉢をご用意しました。

 

  白菜の低温調理 新玉ねぎとレモンのソース

  マッシュポテトとゆで黒豆

  無農薬の壬生菜の塩糀和え

  原木しいたけ ガーリック胡桃しょうゆ

  焼き白葱 バーニャカウダ

  菊芋と土ごぼうの醤油いため

  赤蕪とにんじんのじっくり蒸し

  自家製パンとサーモンのチーズパン

  春野菜のポタージュスープ

  もちきびのリゾット

  ローストチキン 伊予かんマーマレードとマスタードのソース

  雑穀クッキー

 

お食事後。

つよいお酒を楽しまれるおふたりの様子を、わたしは頬杖の中から見ていました。

いいなあ。

わたしもわたしの師匠に会いに行かなきゃ。

  

  

カテゴリ:旬のメニュー