キッチンスプーン

『2015年6月』のアーカイブス
2015年6月29日 15:15

第四日曜日は、久万町商店街で軽トラ市。

この日は、だれでも好きなお店屋さんになれます。

革職人の友人は、自家製蜜のかき氷屋さん。

ぜいたくに3種類のベリーがまるごと入っています。

友人のご両親は、うまいもの飯店。

お手製のちまき・具だくさんな中華丼・ハヤシライス・4種類のゼリーなど。

わたしはパン屋さんです。

友人一家のパラソルを間借りして、ほのぼの開店。

すずしい風が気持ちのいい日曜日でした。

kitchen spoon の直瀬パン

・自家製いなか風パン 

・地粉スコーン (プレーン ・ はちみつしょうがとハーブ入り)

・野菜パン・・・パン生地をまるい小皿に見たて、旬の野菜をのせて焼きました

(2種類の豆とチーズ ・ ズッキーニソテーとバジル ・ 原木しいたけとにんにくのコンフィ)

・おままごとパン・・・絵本「からすのパン屋さん」より いろんな形に焼きました

(ぶどう ・ 大根 ・ とうもろこし ・ そらまめ ・ かたつむり)

カテゴリ:旬のメニュー
2015年6月26日 20:04

手作りショコラをひとくち味見。

仕込が終わったばかりの、ほの暗いキッチン。

きこえるのは雨音とかっこうの声だけです。

んー。  いい出来。

口のなかの余韻が消えないうちにぜひコーヒーをいれよう。

やかんを火にかけ、コーヒー豆の袋に手をのばしたその時。

こんちはー。  はーい。

コーヒー6つ、かまんかなあ。  はい。 

雨のなかでもくもくと作業をしていた男性たちが、ふうっと息をつきながらご来店。

あまやどり  紫陽花の花  小休止 

山がうるおう6月。

カテゴリ:旬のメニュー
2015年6月23日 08:18

空が青い、日曜日の夕方。

久万高原で暮らす友人たちが、ぶーんと車をとばして直瀬にやってきました。

今日は、ばつぐんにおいしいハンバーガーをいちから手作りするのです。

おとなも子どもも、みんなうでまくり。 おおいにはりきります。

ついさっきまで次郎さんの畑でひなたぼっこしていた西洋レタス。

守屋さんちのにわとりの卵でつくるマヨネーズ。

山のジビエ、セージ、いため玉ねぎに差し入れのひき肉を合わせたハンバーグ。

熱々フライドポテトはみんなでおもうぞんぶん食べたい。

松山からやってきたトマトと、自然農の玉ねぎのスライス。

森の少年が持ってきたズッキーニもソテー。 パンも焼けた。

うちのひとすごく食べるから、たりないといけないと思って。

手間ひまかけたき込みご飯、シチューのお鍋に、お団子やフライが入ったお重もならびます。

さて。そろそろワインもあけましょう。

つくるたのしさ。 味わううれしさ。 集えるよろこび。 

2015年6月20日 20:19

たらの木と手もみのお茶のブレンドテイー

2種類のじゃがいもと豆のポタージュスープ

6月の久万高原町の恵みサラダ

 仁淀川のマッシュルーム 夏大根 切り干し大根 西洋レタス タアサイ ポワロー

 そらまめ スナップえんどう 若まめ 茎ブロッコリー 小たまねぎ らっきょう

 ズッキーニ 青ねぎ はちく   2種類の自家製ドレッシングといなか風パンを添えて

無農薬玄米のチーズ・リゾット 根菜と大葉のガーリック・ハーブ・レモンソース

山のブルーベリーとすぎなのスコーン

kitchen spoon 6月のブレンドコーヒー

今日は、店のちかくをつばめがたくさん飛んでいました。

カテゴリ:旬のメニュー
2015年6月17日 15:24

友人一家とキャンプにでかけました。

ひろいひろい原っぱに、雰囲気のちがうテントがふたつ。 タープがひとつ。

わたしたちのほかには誰もいません。

あざみやしろつめくさの花が咲いています。

若いかえでの木陰にすわって、深呼吸。

ここのかっこう、生真面目に鳴きますね。   ほんと。

あー。せんぬきわすれたー。  え、なんですかそのビール。  

ちょっと昼寝。  ねる?  お、おやすみ。

こどもたちも、好きなようにしています。 テントで読書。 草いじり。 くだものに夢中。 

今何時だろ。 わかんない。 日暮れてきたね。 

たき火でパエリア? はりきるねー。おいしそー。  

えええ。 料理人なのに缶詰め?!  ん。 わたしなまけに来た。

ちょっとまってすごいごちそうじゃない。  そう? 今マヨネーズつくってるとこ。

こころやすいひとたちとの気ままなおしゃべりが、

原っぱをわたる6月の風といっしょに、さらさらと。

それぞれが好きなように過ごすのを、おたがいものめずらしく面白がった2日間。

2015年6月13日 06:06

呉の整体師、木村さんからお電話でした。

ともだちが病気で。

元気になる野菜をたべさせたいなあと思うのですが。

受話器を耳に、目をとじてうなずきます。

お役に立ちたい気持ちだけになったわたしのからだは、しーんとしずかでした。

いっしんに空を見るときと、よくにています。

山のてっぺんで自然農のお野菜をつくっている黒妙うずの次郎さんと

自然治癒力を引きだす食事にくわしいフウミカデンのヨシ男さんにご相談。

まだ見ぬあなたが

すこし元気になるように。 楽になるように。

次郎さんと真衣子さんが用意してくれたのは、

朝どりの野菜 お手製稲わら納豆 無農薬の玄米 豆2種類 自家製ジャム。 

そこに、いなか風パン 6月の鉄火みそ たけのこレモンドレッシングを添えます。

木村さんのおくる気持ち。  山のともだちがお手伝い。

カテゴリ:旬のメニュー
2015年6月10日 20:42

苦みのある西洋レタス2種類  赤じゃがいも  新にんにく

じっくりやわらかく煮こみなめらかなポタージュに。

自然塩  エキストラバージン・オリーブオイル 

無調整豆乳  すこしのバターと生クリームで味をととのえます。

ローストしたじゃがいもとバジルを添えて、できあがり。

見た目は、苔色。

魔女のスープとよびたくなるような色ですが

お味はいいようです。

カテゴリ:旬のメニュー
2015年6月 9日 21:43

はじめてお迎えしたお客さまでした。

その方は、まっすぐにわたしを見すえて、こうおっしゃいました。

「どうしてここで店をしようと思ったんですか。」

「はい。  こんな店があってもいいんじゃないかと、思いました。」

そうお返事をしてすぐに、ああ、いけなかったと思いました。

その方は、わたしの言うことはみなまで聞かず

ぐうっと首をひねり顏をしかめ、からだごとこちらに背をむけて

それっきりしばらく黙ってしまったからです。

わたしはなぜここにいるんでしょうか。

ほんとうは、よくわかりません。

きっと、ここでやることがあるからだと思います。

直瀬はいいところです。

カテゴリ:お店について
2015年6月 5日 07:54

寒い朝は、おかゆ。

娘はお醤油ともみ海苔。 わたしはきざみ昆布の佃煮。

こうばしい焼きおにぎりもいいですね。

おみそ汁は、いりこと昆布のだし。 具材は簡素なほうが好みです。

お茶漬けには、大根おろし、ごま、刻んだおつけもの、たたき梅にお醤油をすこし。

熱い久万茶をかけ、白い湯気ごといただきます。

じゃがいものポタージュスープとトースト。

ゆで野菜のサンドイッチ。 オムレツのサンドイッチ。

シンプルな田舎風パンと山のくだもの、紅茶。

それなりにふくらむホットケーキは、台所にあるものでなんとかこしらえます。

ちいさく焼いておさらにつみかさね、つめたいバターとはちみつ。

ナイフとフォークをならべれば、ごきげん朝ごはん。

2015年6月 1日 17:05

法事のあとのお食事をご用意。

まず、竹かごに持参した山の花を。

うつわは水洗いをして気持ちよく拭きあげます。

味つけはていねいに。 かたちは自然に。

呼吸をふかくして盛り付けていきます。

大根のなます  葉わさびのおひたし  昆布巻き    

煮豆  お煮しめ  きびなご佃煮   精進八幡巻  

揚げ魚の南蛮漬け  たまご豆腐と葱のおつゆ

だいこん葉のおいなり  精進五目ちらし

しずかな会のしずかなお手伝い。

カテゴリ:ケータリング