キッチンスプーン

2016年9月16日 18:07
虫の声さえしなかった

名月の夜。

山のてっぺんの、石の上にいました。

山の峰。 白い霧。 

空気はつめたく湿っています。

友人とふたりでしたが、ひとりがふたり、という感じでした。

車を降りてから、ずっと足元を照らしてくれていたちいさなあかりを

消してもらいます。

座ります。

ゆったりと。

静寂に身をひたし、闇にやすむ、秋。