キッチンスプーン

2017年8月23日 15:18
金の稲穂がゆれている

緑の山奥でぽつんと店をしています。

ときどきお客さまとふたりだけ、という日があります。

なぜだかわかりませんが

そんな日は涙をこぼされる方がおおい。

そして、そんなときは

お客さまのほほをぬらしていた涙がかわき、自然な笑顔がもどるまで

誰も来ません。

ひとっこひとり。

なぜだかわかりません。

でも、世界はほんとうにうまくできていています。