キッチンスプーン

2017年12月 6日 12:30

食べることへの意識ががらりと変わりました。
でもまあ、あいかわらず食いしんぼうです。
が。
量が減りました。
同じく、睡眠も。
なんだなんだどうしたんだ。
羽でも生えたかのように、生理的な欲求から一気に自由になりつつあります。
きっかけは、ヨガ。
続けることで、自分のからだに興味がわいてきました。
ようやく。
変化をたのしむ、冬。

2017年12月 5日 18:00

かつて海でご一緒したヨットマンが、はるばる山に来てくれました。
お目にかかるのは5年ぶりです。
ということは。
5年ヨットに乗れてない。
大学時代からずっとヨットに乗っているそのひとは、
明日もレースです。と、ひかえめながらじつにうれしそう。
いいなあ。
ふふふ。
おおきなヨットの船上パーティーに料理係で呼んでもらっていた頃。
わたしはコックではなく、彼のようなクルーになりたくてなりたくて
もう、たまりませんでした。
海に向かって叫び出しそうなくらい。
なぜでしょうね。
魂の奥ふかくに、船乗りだった頃の記憶でもあるのでしょう。
人間が作ったもののなかで、ヨットが一番好きです。
そんなわけで。
来年の春からヨットの手ほどきを受けることになりました。

2017年12月 4日 08:56

友人たちが遊びに来てくれました。
神戸の布引ハーブ園にいたころの仕事仲間のみなさんです。
14年ぶり、というひとも。
なんにもかわらないです。
とにかく居心地がいい。
みなさん年上ということもあってか、
つい甘えてしまいそうになるこの安心な感じ。
夜は山の友人たちも集まり、持ち寄りでごちそうを食べました。
朝は山や里を歩きました。
好きなひとたちがいる街、神戸。
別れ際、友が急に泣き出しました。
ばら色ほっぺをつたう、とうめいな涙。
なんとか笑ってほしくて、動きはじめたバスに笑顔で手を振りながら
今すぐとなりに乗り込んで、このまま神戸に帰ってみたいような気もしました。

カテゴリ:お店について
2017年12月 2日 20:32

夕食後。
ちいさなあかりをつけ、毛布にくるまり寝室で読書をしていたら
むすめがそーっとやってきました。
ん。
はいどうぞ。
ん?
熱いミルクティーと、クッキーと、チョコレート。
ふふ。
人生ってすばらしい。

2017年12月 1日 14:55

友人たちと、木を見に行きました。
場所は面河の大成。
山のてっぺんちかくの集落に、樹齢1000年の大桂があるというのです。
行く先々で道をたずねながら、
ひろくて深い久万高原町のみどりの山奥をすすみます。
あれだ。
声がかすれました。
まぎれもない存在感。
枝が枯れようが折れようが、うつくしいものはうつくしい。
そばには、遊歩道や水飲み場やお地蔵さまや水路がありましたが
それら人間が作ったものはすべて、くずれたり苔におおわれたりして
山にのまれつつありました。


前の5件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8