キッチンスプーン

2017年11月21日 09:48

ごくまれに。
スープをひとくち飲んだっきり、涙があふれてとまらないという方がいます。
そういうとき。
山の天気を見るのとおなじ気持ちで、わたしは淡々としていたい。
魔法のスープを作ったわけではないからです。
ただ、その涙を邪魔しないように。

2017年11月17日 21:04

身支度をすませ家を出たら、玄関の目の前におおきなきじがいました。
おたがいびっくりです。
わ、とか、こここ、とかそれぞれちいさく声をあげて。
きれいな鳥。
あっけにとられて見とれているいるわたしを、
きじはふりかえりふりかえり、
とてちて歩いて、行ってしまいました。

2017年11月16日 19:19

7年前。
お金を貸してくれた人がいました。
したい店をするにはお金がこれくらい足りないと、なにげなく話したその翌日。
電話があり、銀行に行くと、すでに入金されていました。
500万円。
ああ。 返さなくていいよ。
その人は、まぶしいものでも見るような目をしてゆったり笑いましたが、
わたしは、笑うことも、うなずくことも、できませんでした。
信頼する人からの純粋な思いやりが、数字になって、今、目の前にあります。
ありがとう。 でも返す。
こつこつ貯めて、年に一回会いに行きます。
わたしにとってはせいいっぱいの金額ですが、彼は医師です。
この人ならこの金額、一日でかるく稼ぐのかもしれません。
一年ぶりだね。 はい。
借金を返しに行って、ワインとフランス料理をごちそうになりました。
たいへんおいしかったです。
ああ。
もう。
姫野晶子をこれ以上甘やかしてはなりません。

カテゴリ:お店について
2017年11月15日 17:28

たのしく料理する人は、そばで見ていてたのしいです。
道後公園前のCAFE & CANNTINE NOTREにおじゃましていました。
うれしさが、からだじゅう。
生き生きと。
オーナーシェフの牛神さんとは、昔からのお知り合いです。
今日はご機嫌ですねと
カウンター越しに声をかけたい気もしましたが、
黙っていました。
音楽を邪魔しないように、ちょっと息をひそめるのとおなじです。
NOTREのおとなりは友人の加奈子さんが営むBRIDGEです。
ふたりに会うのが、街に行くたのしみのひとつ。

カテゴリ:お店について
2017年11月12日 20:12

日曜日営業でした。
デザートは、できたてクッキーとあつあつ焼きりんご。
生地を人数分まるめていたら、ふと
友人のかわいい坊ちゃんのことを思い出しました。
食べることが好きなおちび君は、明日がお誕生日。
生地はたっぷりあります。
来店していた友人にも手伝ってもらって、
ありったけのクッキーを焼いて届けることにしました。
あまく香ばしいかおりが、ちいさな店いっぱいに満ちていきます。
ちょうど焼き上がるころ。
山の友人や直瀬の子どもたちが、ひとりまたひとりとやってきました。
クッキーはたっぷりあります。
みんなでにこにこ、ひとつずつ。


カテゴリ:お店について
前の5件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8