キッチンスプーン

2017年7月 9日 18:32

ヨギーニたちのためのランチ・メニュー

・新じゃがいもと久万山だいずの冷製ポタージュ・スープ

・久万高原町7月9日の山の恵みサラダ

  グリーンサラダ盛り合わせ・・レタス キャベツ 紫キャベツ 

                ズッキーニ   河内晩柑 アボカド アスパラガス 

                いんげん豆 えだ豆 みょうが きゅうり

  トマトのマリネ ゆでとうもろこし 3色のにんじんのマリネ 

  なすのトマト煮 里山風キッシュ 自家製野菜ドレッシング  

  ズッキーニ・シャドークイーン・地ごぼう・かぼちゃの素揚げマリネサラダ

  里山風キッシュ 自家製野菜ドレッシング

・久万の地粉の焼きたてパン

・ローストチキン 赤ワインハニービネガーソース にんじんのピュレ添え

・kitchen spoon7月コーヒーとちいさなおやつ

・本日のお茶・・・久万新茶

おひとりさま2500円

カテゴリ:旬のメニュー
2017年7月 6日 19:41

何げない出来事がきっかけで、いっきに初心にかえる。

そんなことがたてつづけにありました。

建築家の山下さんからの電話。

ほのぼのと笑いあったあと目を上げると、わたしは完成直後の店にいました。

訪ねてきた友から受けとった手巻煙草のかおり。

ふかい呼吸のあと伏せた目をひらくと、19歳の冬、フランスの下宿先にいました。

自分を好きになれないと言って涙をこぼす若いひと。

背中に添えた手をそっとはなすと、そこにはかつてのわたしがいました。

お世話になった先輩のお店の閉店の知らせ。

にぶい痛みをともなうおおきなおおきな衝撃のあと、わたしは神戸にいました。

平穏な日常のなかにある気づき。

ヒマラヤに行ったり滝に打たれたりしなくても、とおくまで行けます。

いい仕事がしたい。

これにつきます。

2017年7月 4日 15:39

とおくに嵐の気配を感じる、灰色雲の朝。

山の友人夫妻が梅をもぎにきました。

あかちゃんを連れて。

ふたりでいっきに収穫したいようだったのと、ぽつりと雨がおちてきたので

わたしはあかちゃんと店にいました。

もうね。

しあわせ。

もしも、もういっかい子どもを産めるなら

まよわずに今は12歳のわが子をもういちど産みたいです。

あのしあわせな記憶をまた生きられるなら

海の底のおっかない魔女とだって取引してしまいそうだ。

万緑の中や 吾子の歯 生えそむる  中村草田男

2017年7月 3日 17:29

わたしの家族は、喫茶店のモーニングセットのようなものを

朝食に用意してさえいれば、すこぶる機嫌がいい。

かりっとこうばしくトーストした薄切りパン

つめたいバター 梅ジャム いちごジャム

ささやかなサラダとあたたかい玉子料理

河内晩柑 久万のブルーベリー ヨーグルト

おとなは紅茶 こどもはミルクティー

慣れました。

手間とは感じません。

家も店も料理はわたしがします。

家族の好物をあるものでさっと作るのはけっこう楽しいし

いい気分転換になります。

ただですね。

わたしは朝は、お味噌汁とごはん派で。

べらぼうに早起きなので、寝起きで台所に立つことはあんまりないのですが

なんの考えもなくぼんやりしたくをはじめたりすると

からだが勝手に、出汁をひいていたり畑にねぎをとりに行ったりして、

ひとりで笑ってしまうこともあります。

2017年7月 2日 07:08

ランチは、おまかせのコース1種類、予約制。

このスタイルになって2年がすぎました。

わがままな店です。

こうなった理由はいろいろですが、腹をくくった決め手はひとつ。

はるばるとお越しくださったお客さまを、おことわりするのが苦しい。

これにつきます。

8席の店です。

こんな山奥まで来ていただいて、椅子とりゲームみたいなこと、させたくありません。

生きるために食事をする日常。

そこからすこしはなれて、わたしのテーブルについている間だけは

どうかふかく味わうためだけに生きてほしい。

そんな願いから作った店です。

営業日以外でもご予約があればできるだけ店をあけます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

あなたのために、じゅうぶんにしたくをして

ご来店お待ちしております。

カテゴリ:お店について
前の5件  4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11